ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第5章 -一目惚れ-

「あのっ、一目惚れしました!好きですっ!」


「ごめん。」





高校の時、同級生から告白された。





一目惚れ―――…。





そう言う言葉はあるが、実際一目惚れする事なんて絶対ありえないと思っていた。





それに、一目惚れっていうのは外見を好きになったって事じゃないのか?





外見だけで付き合うなんて到底無理な話。





好きになった事はある。付き合った事も勿論ある。





でも、今まで生きてきた中で一目惚れなんて一度もなかった。





言われる事はあっても自分はそんなもの感じた事もなかったのに――――…





初めて一目惚れしたんだ。




もう何も見えない。





彼女以外は全て遮断され、目に映るのは彼女だけ。





長い黒髪に、すらりとした手足、驚くほどの小顔で締め付けたら折れてしまいそうな体、官能的な唇にパッチリとした目だが少し吊り上がっていて、鼻は高い。




一瞬で彼女の虜になってしまった。





< 65/ 316 >