ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第4章 -動物園-

紗衣を挟んで右手は私、左手は海堂社長と手を繋ぎ動物園までの道のりを歩いて行く。





数十分で着く距離。





「うさたんみたいねー。」

「そうだね。」


「さーくんうさたんしゅき?」


「好きだよ。きりんも好きだなぁ。」


「さえも!さえも!きいんしゅきぃ。」





3人であれが見たい、これが好きなんて話してたらあっという間に動物園に着いた。





写真でしか見た事のなかった動物園の入園口はかなり大きい。





チケット売り場にはちょっとした行列が出来ていて、駐車場に向う車は渋滞している。





目につくものはやっぱり親子で、お父さんお母さんと手を繋ぐ子供、お父さんに肩車してもらってる子供。




子供達は幸せそうな笑みを浮かべてる。





紗衣も笑ってるかなと思ってちょっと顔を覗き込むと、一点をジィーと見ていた。





< 56/ 316 >