ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第15章 -事故-

「ままぁ〜。」


「ちょっと待ってー。」





いつもの日々に戻り、仕事帰りにスーパーに寄る。





数日分の食材と紗衣のお菓子を買った。





「危ないから走っちゃダメだよ?ままの隣にいてね?」


「あーい!」





斜め掛け鞄を提げ、いつものぬいぐるみを持つ紗衣。





私は両手に買い物袋を提げている。





「紗衣ー、今度のお休みじぃじのお家行く?」


「じぃじ!?」


「うん。じぃじとばぁばが紗衣に会いたいんだって。」


「いくー!あのね、うさたんとクッキーもいく!」


「そうだね〜。じぃじ達にクッキー持って行こうね。」





コレクション前に実家に電話をした。





お母さんからはお父さんの愚痴を聞かされ、お父さんからはお母さんの愚痴を聞かされた。





なんだかんだ言っても仲のいい夫婦。






未だに結婚記念日を大切にしていて、必ず旅行に行ったりしてる。




< 210/ 316 >