ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第14章 -ランウェイ-

「緊張する……。」


「そうだね。」





控え室で紫穂と手を握り合う。





コレクションが始まるまで1時間を切った。





「お姉ちゃんっ。」


「雪菜?」





焦った表情の雪菜が控え室に入って来た。





「コレクションなんて初めてだから緊張しゃうよー!」





私の腕を掴み、緊張からか涙を浮かべる雪菜。





「私も緊張してるの。」


「お姉ちゃんでも?」


「私でもって?」


「お姉ちゃんは世界中のコレクションに出てた人だよ?プロ中のプロじゃん。」


「緊張しない人なんていないわよ。でも、緊張しない方法教えてあげる。」


「何!?」





真剣に食い付いてくる姿に笑いそうになった。





「かっこよくとか可愛く見せるとか思わないで、自分が楽しむの。撮影みたく雪菜らしい笑顔を見せるの。」





色々と考えちゃうと失敗しちゃうかもしれないしね。





< 201/ 316 >