ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第13章 -不安-

コレクションまで1週間を切った。





打ち合わせ、会場の状態、洋服のチェックに搬入。





会社と会場を往復する日々。





「キュート、セクシー、グラマラス、エレガントの順でお願いします。」





今日は、コレクションに向けての最後の打ち合わせ。





撮影の時よりモデルの人数は倍以上になった。





各イメージ15〜20人に当てられた。





次々と流れるように歩くわけだから、ランウェイ一本じゃかなり時間が掛かるという事になり、五本のランウェイが作られた。





「使うランウェイは二番から四番になります。それぞれ、5秒ほど間隔を空けて歩いて下さい。」





五本のランウェイを作ったはいいが、皆が一斉に歩きだしたらお客様に見えない。





だから、5秒ほど遅れて登場する事になった。





「最後はステージでスーパーモデルの5人の登場になります。」





< 191/ 316 >