ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第12章 -ユキ-

「紗衣〜、行くよ。」


「まっちぇー。」





天気の良すぎる土曜日。





午前中は掃除と洗濯をした。





午後はプールに行く。





「いくよ〜!」





行くよ〜って…紗衣を待ってたんだけどな。





紗衣と手を繋ぎ、家を出る。





「あのねー、ユキちゃうさたんみしぇるの。」


「ユキちゃんに見せるの?」


「しょー!」





待ち合わせをしてる駅までゆっくりと歩く。





今日は特別にうさき尽くしな紗衣。





フードにうさぎの耳が付いてる白いワンピースにうさぎのリュックサック、いつものぬいぐるみも常備している。





私も紗衣に合わせてワンピースだけは白にした。





「ユキちゃん、早く紗衣に会いたいって言ってたよ?」


「さえも、さえも!」


「大きくなったから紗衣ってわかるかな〜?」


「かな〜?」





< 183/ 316 >