ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第11章 -ファンレター-

1ヶ月ぶりに家に帰って来た。





1ヶ月ぶりに出社した。





「おはよう、章菜。社長が呼んでたよ。」


「おはよう、紫穂。ありがとう。」




出社してすぐに社長室に向かった。





社長室に続くドアをノックすると入室許可の返事。





「失礼します。おはようございます、社長。」


「おはよう、章菜。」





社長がいる大きなデスクまで足を進める。





「海堂社長が心配していたわよ?鳴海さんは大丈夫ですかってね。ゆっくり休めた?」


「はい、ありがとうごさいました。」


「報道陣は追い払ったけど、今度は逃げられないかもしれないわね。」


「はい…腹括ってます。」


「頼もしいわ。」





カタログ、雑誌の撮影で終わりじゃない。





私は、代役じゃなく本当にモデルをしなくちゃいけなくなった。





今度は、3週間後に行われるコレクションショー。





< 171/ 316 >