ケータイ小説 野いちご

社長のご指名

第1章 -幸せな毎日-

いつからか朝6時に起きるのが、習慣付いてしまった。





目覚ましを止めて、カーテンを半分開ける。





レース越しに、空を見上げる。





そっと寝室から出て、顔を洗いキッチンに向う。





時間がなくても朝食は絶対欠かさないようにしてる。





今日の朝食は、サンドウィッチと目玉焼き。





サンドウィッチはイチゴジャム、玉子、ハムとレタスを挟んだもの。





サンドウィッチは前の日の夜から準備する。





サンドウィッチを切って、目玉焼きもお皿に乗せてテーブルに並べる。





それと、コーヒーにリンゴジュースも付ける。





朝食の準備が出来たらまた、寝室に向う。





そっと近寄って、顔を覗き込む。





口をモゴモゴ動かしたり、へら〜って笑ったり見てて飽きない。





ふっくらした体。





寝相が悪いからお腹が出てる。





でも、一番好きなウサギのぬいぐるみはしっかり握ってる。




< 1/ 316 >