ケータイ小説 野いちご

心話~ウラ・バナシ~

キャラの命名法

今回の登場人物の名前は、

魔物→日本語を片仮名にしてそのまま名前に

人間→現在キャラは3文字(ー、ッは含めない文字数で)、500年前のキャラは2文字

となっています。
人間の名前は、どれもほとんど日本語を元にして、それぞれの性質や物語中の役回りから考えてつけました。

ミチルは、わかりやすかったと思いますが・・・・

あのラストを想定し、カラッポの対極としての「満ちる」からと、あとはメーテルリンクの有名戯曲「青い鳥」に出てくる、幸せの象徴を追い求める少女「ミチル」からです。


あと本編に出てくる魔女の名前はというと・・・・

ぶっちゃけると、日本の神話に登場する、死後の世界の女王となった有名な女神の名前をローマ字にした、そのアナグラムです。

(以下ネタバレになりますが)


生と死に関わる能力という所から、神話中のよもつひらさかでのやりとり(お前が1日○人の人間を殺すなら~というヤツです)をイメージしたりしてつけました。

他のキャラについても、もともと日本語ですから、読者の方に何となくイメージしていただけたらいいなと思っています。

< 6/ 6 >