ケータイ小説 野いちご

Dangereuses tower

epilogue

懐を探る。

そして取り出した携帯電話のボタンをプッシュ。

しばしのコール音の後、相手が電話に出る。

私は言った。

「もしもし…八戸です」


< 131/ 136 >