ケータイ小説 野いちご

crystal love

彼の戻る場所

 
「ディオナ。」

母が呼ぶ。

「はい?」

「ジェスの好きなモノってわかる?」

どうしたというのだろう?
突然。

母の質問の深意を訝しむ。

「やっぱり知らないのね。
食べ物よ?」

母は、クスクス笑って。

「何でも食べるんじゃない?」

何となくそんな気がして
言ってみた。

「ジェスはね。
私が作ったスープが
気に入っているそうよ。」

「へぇ。そうなんだ。」

・・・だから、何だというのか。

言葉を探していると、
胸元にノートを押し当て
られる。

「はいっレシピ。」

「はいっ・・・って
ジェスに直接渡せば
いいじゃない?」

苦笑を伴い言えば。

「ジェスにも持たせているわ。
貴方たち、まともに食事
してないんでしょ?だから。

まあ、貴方は何でも作るから、
正直、エリスの方が
心配なんだけど・・・

貴方を頼りっぱなし
だったから。」

そういって、母は苦笑する。

「今日は、うちにいるの?」

「いるよ。明日の昼には、
彼、メトロに行くから。」

 

< 106/ 170 >