ケータイ小説 野いちご

溺愛ラバーズ

LOVE.4 -義姉達-

総務課から帰る途中、いつもは静まりかえっているロビーがなんだか騒がしかった。





2階の吹き抜けから下を覗くと、警備員が慌てている。





「はぁ?繋げないって…意味わからないわ。」





突然大声が聞こえ、受付に目を移す。





上からじゃはっきりとはわからないが、全身黒ずく目だという事しかわからない。





声は低めだが、女に間違いなくその女の後ろには警備員が3人くっついてる。





他の社員も受付に釘付けになってる。





「さっさと秘書課に繋げって言ってるのよ!」


「先ほども申した通り、繋げません。」


「理由は?」


「アポなしです。」


「はぁ〜?それだけ?あんた達、よく受付なんて出来るのね。」





吹き抜けだからか、女と受付の声がよく響き2階までよく聞こえる。





「なっ!警備員さん、この人を連れて行って下さいっ。」





受付に言われ、警備員が左右、後ろを固め連れて行こうとしたが…




「触らないで。」





手を伸ばした瞬間、さっきよりも低い声が聞こえ素早く足が伸び女は警備員3人に蹴りを入れた。





< 44/ 213 >