ケータイ小説 野いちご

溺愛ラバーズ

LOVE.1 -婚約者-

高級料亭の一室で机を挟み、向かい合う俺と将来妻になるであろう彼女。





彼女は俺の勤めてる会社の社長の娘。





子供が女ばかりで後継ぎがいない社長は俺に娘との結婚を言ってきた。





今すぐに結婚しろとは言わないらしい。





ただ、これから付き合い一緒に住み結婚の準備をしろとの事。





社長の言った事に断るつもりはなかった。





社長の娘と結婚すれば、昇進の話も出てたからだ。





付き合ってた彼女とは数ヶ月前に別れたし、正式に社長の娘と付き合える。





いずれ、結婚してもいいが条件がある。





「一週間後同棲する事になるが、俺はまりあさんを愛しません。それでもいいですか?」





可愛い人だとは思ったが、それだけ。





初めて会ったばかりなのに好きになれるわけがない。




愛するなんて到底無理だ。




それに俺は・・・・・忘れられない人がいる。





「わかりました。愛さなくていいですよ。」





驚くわけでもショックを受けるわけでもなく、ニッコリと微笑みを崩さずに言い放つまりあさん。





物分かりがよくて助かった。




< 1/ 213 >