ケータイ小説 野いちご

キミにサヨナラをする。


手紙。




表紙を見てみると、




『武内優志様』



そう書いてあった。





俺は、震える手で封を切った。




心愛の…俺宛の手紙。



嬉しくて、嬉しくて…
どうにかなってしまいそうだ。





「…っ、」



かさ……





俺は、手紙を開いた。










.

< 73/ 121 >