ケータイ小説 野いちご

キミにサヨナラをする。


嫉妬。




「ゆーぅ♪」


「!!こ…なんだ、峯村か……」



俺ははぁーっとため息をついた。


「なによーっ、あんたが魂抜けてるから愛しの心愛のまねしてやったのにーっ」




「…うん、さんきゅー。」


「あれっ、今回は『心愛なんか好きでもなんでもねぇ!』って叫ばないんだ??」

峯村が、にやにやしながら俺を見る。




「俺が心愛のこと好きじゃないわけないだろ…、生まれたときから一緒なんだから。」


「なんだ、びっくりした…」



峯村が、ちょっと顔を赤くして言った。




俺なんか、変なこと言ったか?










.

< 22/ 121 >