ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿11/愛はどうだ

露とこたえて

大学に戻ったのは夕方五時すぎ。

構内は普段より静かだった。

考えてもみればR大学は今日から冬休みに入るわけで、それにクリスマスが重なるとあっては、構内が空き家のようになっているのは当然の話だった。

達郎が教務課に向かうと、そこにはまだ木村が残っていた。

「やぁ月見くん」

カウンター越しに木村が声をかけてきた。

「葉野さんと何を話してきたんだい?」

「言えません」

達郎はにべもなく、きっぱりと言った。

「つれないなぁ」

「緒方先生はいらっしゃいますか」

「先生ならまだ研究室にいるはずだよ」

木村は眉をひそめた。

「まさか月見くん、緒方先生に葉野の話をするつもりかい?」

「いけませんか」

「さっきも言ったが葉野亜季は緒方先生の…」

「お気に入りだからなんだと言うんですか」

達郎は少しむきになって言い返した。

「緒方先生と葉野さんの関係は教授とその教え子でしょうが」


< 25/ 55 >