ケータイ小説 野いちご

甘い彼氏とX'mas〜Sweet続編〜

甘いX'mas
★夢の国★


改札口から駅のホームに入り


手を繋ぎながら電車が来るのを待った


「名波達は温泉行ってるみたいだな。」


「うん。杏ちゃん喜んでたよ」


「名波もかなり悩んで決めてたから結構いい旅館みたいだよ」



そっか


杏ちゃん達も楽しんでるんだね


良かった♪♪



−間もなく3番線に…−



楽しく会話してたら電車が到着した



「よし、乗ろっ!!」


「うん♪♪」



乗り込み席に座ると電車がゆっくりと動き出した


ユラユラ揺られてる間もずっと手を握りあってるワタシ達


ふと前に座ってる若い子達が昴君を見てる事に気付いた



小さな声で『カッコイイ』って言ってるのが分かる



やっぱり昴君ってカッコイイんだよね


今日だって黒のファーコートが凄くシックで似合ってるし


それに比べてワタシって…


こんなチンチクリンでいいのかな…



「萌音…」


昴君??


急に話し掛けられて我に返ると


昴君に顔を覗き込まれてた



< 11/ 32 >