ケータイ小説 野いちご

あたしは彼女×あたしは総長

その後のお話。




凌にプロポーズされた。



あたしは承諾した。




あの日から生活が変わった。



―――――
――――――――




「仁チャ~ン!!」

「お!雫か。」

「えへっ。来ちゃった。」

「お前妊婦なんだから大人しく出来ないのか?」

「それ無理難題なんすけど…。」



あたしのお腹はポッコリになった。



いつ産まれてもおかしくない。



「つーか東野に黙って来ただろ。」

「だってさ…。」



家ん中つまんないんだもん。



静かにしてるのって無理だし。



少しは動いた方が良いでしょ?





< 51/ 57 >