ケータイ小説 野いちご

あたしは彼女×あたしは総長

勉強会とかやってます。




「…………」

「…………」

「「…………」」



これってどうなのよ…。



言葉するでないあたし洋太と朱雀メンバー。



目の前にいるのは



「秋チャン…。」



そう我が校の不良先公の秋チャン。



「秋さん…何考えてるんですか?」

「別に何も?」

「何もじゃねぇだろよ秋チャン…。」



秋チャンは白衣を着てて、側には寝てる安西先生…。



秋チャンは安西先生がお気に入りって言ってたけど…。



「安西先生って…仁チャンの婚約者…なんだろ?」

「あぁ。」



そう安西先生は仁チャンの婚約者だ。






< 16/ 57 >