ケータイ小説 野いちご

年上彼氏に夢中です。

寂しい…。


―――――--………


「……実加先生?」



「……へ?」




いけない。ぼーっとしてた。
響太との出会いとか考えてたから…






「明日の準備もバッチシです!!」



そう言って可愛い笑顔を向けてくれたのは杏莉先生。





「おっけ。こっちも出来ました~

じゃ、帰ろうか」












エプロンを脱いで私服に着替える私達。




「実加先生―♪今日の服も可愛いですね!!


これからデートとか?」




そう…
今から響太と会う約束してるんだよね♪



< 39/ 61 >