ケータイ小説 野いちご

年上彼氏に夢中です。

振り向いてほしくて。




ふふふ…響太焦ってた!!


ちょっと嬉しくなって顔がニヤケてしまう。



でも、ちょっと申し訳なかったかなぁ…なんて



明日、「嘘だよ―!!」って謝ろう。







そう思ってお風呂に入って
私は眠りについた…







次の日の朝。



「行ってきま~す」





玄関を出たそこには………







「ぇ?え?響太、どうしたの?」





< 10/ 61 >