ケータイ小説 野いちご

波乱LOVE■番外編■~俺様悪魔の命令に背いた場合~

お兄ちゃんの命令





「ただいま」



玄関に仁王立ちしてるのはお兄ちゃん。




「何さ」


「杏奈、何やねん、その顔」


「ほっといて」


「城之崎財閥の御曹司と何かあったんか?」






しばらく沈黙が続く。




「新情報聞くか?」



腕組みをしたお兄ちゃん。



「もうええわ」



「なんでや?」



「どうせ嘘情報や。大雅が、金持ちの息子なんてありえへん」



「信じたくない気持ちはわかるけど、真実や」



「じゃあなんでバイトなんかしてるん?」



「そこや。俺が仕入れた情報、聞きたくないん?」







< 6/ 44 >