ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の弐 VS金色の女狐

*第弐章*
†スタジオ見学



翌日――


今日は、土曜日



午前中で学校が終わった。



咲さんには、

“そのまんまの格好で良いから”と言われたので

地味子のまま待ち合わせ場所に行くことにした。








駅前で咲さんを待つ。






「いたいた!杏ちゃん!」


手を振りながら、咲さんが掛け寄って来た。





「こんにちは」


ニコッと笑った。




「今日は、ありがとうね?」

「いえ」



「よしっ!…デートの前に私の“仕事”に付き合ってもらっても良い?」



し、仕事?



「仕事ってなんですか?」


わからないので聞いてみた。




返って来た答えに


あたしは目を丸くした。




「雑誌のモデルよ」

< 59/ 698 >