ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の弐 VS金色の女狐

*第壱章*
†不機嫌な王子様

こんにちは!神崎杏樹です!


目覚めてから3日


入院して10日目





やっと点滴が取れました。



これからは、朝に二時間程度すれば問題なし♪




一日中一緒にいた点滴君と離れるのは寂しいけど…



あたしが回復している証拠だよね♪










目覚めたあの日…………




看護師さん達に、怒られました…(笑)





『どうして、目覚めたのに……
ナースコールしないんですかっ!!』




体格の良い婦長さんからの雷……




怖かった………(泣)



陸と二人でお説教を食らいましたよ……






そして、あたしが目覚めたことにより


家族、柚莉、理事長が呼ばれて………





みんな

あたしを待っていてくれたみたい。




柚莉なんか大泣きで………

< 1/ 698 >