ケータイ小説 野いちご

彼女が愛した温もり

第二章



いつも
寂しくて
悲しくて

人一倍弱い私から出る言葉は


『大丈夫』


そんな強がりばかりで‥



< 56/ 349 >