ケータイ小説 野いちご

【長】野球ボール〜ソウソウの夏〜

8★俺

あの日の胸のざわめきの意味も分からないまま、10日が過ぎた。


今日は久しぶりに集合がかかり、新チームのキャプテンと副キャプテンが発表された。


「一輝がキャプテン?大丈夫?」


解散後、キョンキョンがいつものように笑いながら一輝に言う。


「うーせっ」


一輝も相変わらず、適当な返事。

けど一輝なら、チームをうまく上へ引っ張ってくれると思う。

みんな期待してんだよ。




「まぁ確かに?一輝はボケてるからな〜」


でも俺が素直に誉めるわけはなく、キョンキョンに加勢する。


「あはは♪本当だね〜」


「大丈夫。俺がサポートする」


そこで現れた励ちゃんの発言にはみんなで笑った。


「励ちゃん!?お前が一番ボーッとしてねぇ!?ははははっ」


俺的には超ツボ!!

真顔で励ちゃんに言われたくねーっての!!

< 92/ 352 >