ケータイ小説 野いちご

【長】野球ボール〜ソウソウの夏〜

2★治った!!

「キョンキョン〜おはよ〜」


あの練習試合から二日後。


「あっおはよ〜ソウソウ♪」


わざわざ早く学校にきて、キョンキョンを待ち伏せてた俺。

つっても、野球部みんなに披露してるんだけど。


そんな俺を見て、呟いたキョンキョン。


「…何か…違和感」


「キョンキョン?」


気付くかなー?

上から下まで満遍なく見つめられるからつい……


「やん♪キョンキョンのえっち〜」


だなんて、セクシーポーズをとってみる。

早く気付いてー!!




「ん?…あ〜っ!!えっソウソウ!!足がある〜!!」


「ガクッ…足は前からあるんだけども」


ツッコミを期待したのに、まさかのボケ発言。

キョンキョンと漫才は組めねぇなー。

残念っ!!

< 20/ 352 >