ケータイ小説 野いちご

【長】野球ボール〜ソウソウの夏〜

10★副主将

「………というわけで…一輝は夏の大会に出られないかもしれない」


そんな情報がキョンキョンの口から突然、俺と励ちゃんに伝えられた。


新チームがうまく動き始めた頃、一輝とキョンキョンは事故に巻き込まれた。

一輝がキョンキョンをかばって、キョンキョンのケガはたいしたことないらしいけど……


「は?…まじで?」


「骨折!?」


この時期に左腕骨折は、かなり痛い…。




「一輝もちょっと荒れちゃってる…」


今にも泣き出しそうなキョンキョン。


「そうだよな……一番ショックなのは一輝だもんな」


もし俺が一輝だったら…って考えただけでも死にそうなぐらい辛い。


「あたしにできることなんて……何もなかった」


「そんなことないよ。叶夏ちゃんが悪いわけじゃないし」


励ちゃんが優しい言葉をかけるけど、流石の励ちゃんも焦っているように見えた。


「そんなの俺らだって一緒だしな」

< 140/ 352 >