ケータイ小説 野いちご

親友の彼氏

教室で…

美 「祐弥っ!!」

祐 「あ~??」

美 「部活行こ~っ」

祐 「あ~」

美 「なんか最近つめたぁい」

祐 「気のせいだろ」


……ガララッ


美 「あ~真奈美ぃ。部活はぁ?」

真 「今日やる事があるから部活休んだの」

美 「海翔さんは部活行ったの?」

真 「うん。あたしする事があるからここで海翔が部活終わるまで待つんだ」

美 「そぉなんだぁぁ!頑張ってね」

真 「美優も祐弥君とがんばんなよ」

美 「うんっ///」

祐 「じゃぁな真奈美。」

真 「ん…」


祐弥と美優は部活に向かった。


真 「すぅーはぁぁ…」


あたし美優の前で普通におれたかな???

祐弥君は美優の彼氏だ。

あたしを好きだと言っても美優に悪いから好きと言う気持ちは封印しておく事にした。


あたしには海翔がいる。


< 44/ 45 >