ケータイ小説 野いちご

Dear 最愛の君へ

海への約束




―――ザァーン、ザァーン。



「けぃ―!ななせぇ―!」


『まてや、ひよ!
うわっ冷たっ!!』


「ななせ、あっほやー!
今、海なんて入ってたらあかんねんで!!
冷たいから、かぜひくのに~(笑)!」


『うっさい!ひよも入ってたらええねん!!
うらっ!!』



―――ピシャっ。



「うわっ冷たっ!!
ちょっと、かけやんといてよ!!」


『へ~ん!くやしかったら、かけてみなっ!!』


「…むかつく。
こうなったら反撃やっ!!」






< 2/ 32 >