ケータイ小説 野いちご

君の瞳に映る色

1.お嬢様の秘密

黒塗りの高級車が
校門前に止まる。

先に降りていた
執事の柊(ヒイラギ)が
後部座席のドアを開けた。


腰くらいまである
黒く長い髪が風になびく。

細い手足に長身の姿。

陶器のように
白く透き通る肌に
深いネイビーの瞳。

繊細に作られた
人形のように美しい姿に
周りの誰もが振り返る。

学校にめったに現れない
お嬢様に皆が
好奇の視線を送った。



だから来たくなかったのよ、
学校なんて。

棗(ナツメ)は苛立ちながら
廊下を歩いていた。

足早に自分のクラス、
2-Aを目指す。

出席さえとってしまえば
後は屋上かどこかにいればいい。

慣れない人の多さと
それに比例するように
自分の中に入り込んでくる
『感情の色』。

気持ち悪さで頭がガンガンした。






< 1/ 352 >