ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

龍と虎に愛されて。

第二章
学校生活崩壊―龍心サイド―



―――龍心サイド―――


「龍心、絶対ヤバいって!!」


学校が休みで特にやることもない俺は、昔から仲の良いシンジの家で時間をつぶしていた。


シンジはさっきから、『ヤバイ』ばかり繰り返している。


「ヤバいって何がヤバいんだよ」


「だーかーら、お前の話、学校中の噂になってるんだって」


「ハァ?何で俺が」


「お前さぁ、ボサボサ頭でキモイ伊達メガネしてる時に喧嘩しただろ?その相手、俺の学校の奴なんだよ」


シンジは佐和を助けた時の喧嘩のことを言っているんだろう。


確かにあいつらの制服は、シンジと同じ学校の制服だった。



< 71/ 478 >