ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

龍と虎に愛されて。

第一章
悪魔のキス―明菜サイド―


―――明菜サイド―――


きっと悪い夢を見ていたんだ。


眩しい朝日に顔を照らされて、目を覚ます。


あのガリ勉根暗男が、金髪ドS男だったなんて。


あの小林に限って、そんなことあるはずない。


でも、テーブルの上に小林が置いていった数冊の教科書があるのは現実で。


『これ、持って帰るのめんどくせぇ。明日、学校持って来こい。絶対忘れるんじゃねぇぞ』


ニヤッと笑みを浮かべた小林の顔が鮮明に蘇る。



「やっぱり夢じゃない……」


あたしは再び布団に潜り込み、ハァと大きな溜息を吐いた。



< 30/ 478 >