ケータイ小説 野いちご

成長する


美幸が息を飲んだのは、翌日、学校へ行ってからだった。

「えっ……? あの、それ、どういうことですか?」

質問の意味がわからなかったのではなく、質問を理解したくなくて、美幸は訊ね返した。

朝のホームルーム前に呼び出された職員室で、難しい……というより険悪な表情をした担任が、同じことを問い質してくる。

「上島が家に帰っていないと今朝、上島の家から連絡があった。お前と上島は昨日、一緒に学校を抜け出しただろう。なにか知ってるんじゃないか?」

「な、なにかって、なにかってなんなんですか……!」

「つまり、上島がどこへ行ったかだ」

「そんなこと……!」

こっちが、聞きたいくらいだった。

朝、学校に来てみれば担任に呼び出され、告げられたのは親友の消失。

おかしいではないか。昨日、自分が眠ってしまっている間に、奈美は帰ったはずだ。見送りはできなかったが、兄がはっきりそう言った。

それとも……あのあともまた、琴美を殺した犯人の手掛かりを探すために、どこかへ行ったのだろうか。

もし、そうだとしたら、この消失の理由は――。

「どうなんだ、ン? 上島がどこに行ったのか、知ってるのか?」

「わ、わかりません……」

と、答えるしかなかった。

< 57/ 92 >