ケータイ小説 野いちご

歳の差なんてカンケーないっ!

急展開




「どした??」


うん、と言いながら彩魅は話を続けた。


「最近さぁ、と言うか付き合ってから2カ月たって、その……何もしてないというか…」


彩魅………


「彩魅、俺もそれで悩んでた。でも何もできなくて。ごめんな?……ほんとは………彩魅に会う度触れたくて、どんどん好きになっていって……。でも彩魅もそう思ってくれてたんなら……」


そういいかけて、俺は彩魅の唇を奪った。


今までの寂しさを埋めるかのように、激しくだけど優しくキスをした。




< 30/ 37 >