ケータイ小説 野いちご

歳の差なんてカンケーないっ!

居候



─────きーんこーんかーんこーん。



今、学校が終わりのチャイムを告げた。



俺はそそくさと急ぎ足でバック片手に教室を出た。



なんで急ぎ足だって?


それには理由があるからにきまってんだろ。

「おい!龍騎!今日カラオケ行かねぇの~?」


んだよ、こっちは忙しいんだよ~!


「─おう!今日は用事あっからな!んじゃあ俺急いでっから~」


と、言いながら廊下をだっしゅした。



< 1/ 37 >