ケータイ小説 野いちご

桜の下で ~幕末純愛~


春も近くなった三月。

新撰組は屯所を西本願寺へ移す事となった。

誰もが準備で慌ただしい。

お茶好きなオバチャン達を除いては…。

くっそー、あのオババ軍団はここに遊びに来てるだけじゃんかっ。

バタバタと走り回る桜夜。

近藤さんも気付いてるし、どうにかしなきゃって言ってたし…どうにかんのかなぁ?

あ、噂をすれば近藤さんだ。

桜夜は近藤が台所方向に向かって歩いているのを見つける。

「近藤さーん」

「おお、桜夜殿。探していたんだよ」

私を?何だろ。

「ほら、一緒に花林糖を食べると言ったじゃないか。あれから中々機会がなかったからね。少し休憩しないかい?」

そうだった。あんな事もあったし忘れてた。…でも何で今?

「忙しいのはいいが、少しは休まないといけないよ」

近藤は桜夜の肩をポンポンと叩く。

気にしてくれてたんだ。

「そうですね。じゃあお言葉に甘えて休憩します。お茶、入れますね」

桜夜と近藤が台所へ向かおうとする。

「私に内緒で花林糖ですか? ゴホッ 私が甘いもの好きだって知ってるのに」

後ろから声がした。

「そっ、総司?!どっから湧いてきたの?」

「私は虫じゃないですよ。たまたま通りかかったら花林糖って ゴホ 聞こえたんです」

花林糖のとこしか聞こえなかったんだろうな。

「では、総司も入れて三人分の茶だな」

近藤が笑う。

三人はお茶を入れに台所へ向かった。

…別に私一人で入れてくればいいと思うんだけど。

何でこの人達、着いて来てんの?

そう思っているうちに台所付近まで来ていた。

すると、台所の入り口手前に人が居る様に見える。

誰かいる?…ひじぃ?

土方が中の様子を伺うかの様にしている。

歩いてくる三人に気付いた土方の目が音を立てるなと言っていた。

台所で事件発生?やだよー。

三人が静かに土方に近づくと中から女中達の話が聞こえてきた。

あーあ、とうとう聞かれちゃってるよ。寄りによってひじぃに…。

土方が小さく溜め息をついて桜夜に小声で言う。

「おめぇはあんなのと仕事してたのか」

「…てか、あの人達は何もしてない様なもんです」

桜夜達に気付かない女中の話は段々エスカレートしていく。

< 136/ 234 >