ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

年下ダーリン

6年の壁

「片瀬~ッ!!!!」










「なにー??はじめくん??」








「はじめって呼ぶなっつーの。お前今日日直だろー??日誌書いとけよッ!!!」







頭を日誌で軽くたたいて、笑いながら先生は去っていった。隣で見ていた依子は陽気にはじめくんに手を振っている。かばう気もないんだから。手を振る手を止めて、依子が急に振り向いた。







「はじめくんってさぁー…、なんか妙にりんに優しくなあい??」






「……は??」









でたでた。またそうやって恋の話にもっていこうとする。






「んなわけないでしょ。みんなに平等じゃん。」







「えぇ~??そっかなあ??」






「そう。どう考えても、そうですッ!!」










納得のいかない顔をした依子が次に口を開こうとした瞬間。











< 152/ 362 >