ケータイ小説 野いちご

1ヵ月で彼氏作ります。

まさかのテレビ出演!?
ドラマ撮影





「うっそー。お前の衣装はそっちっ。」




結城くんはフッと笑って違う方を指差した。




そこには、使用人らしい衣装が置いてあった。





まだ普通でよかったっ。さっきよりマシだ。



「…。」




あたしは結城くんをキッと睨んで試着室的なところに入った。




ってゆーか…何あの俺様な態度!?





まじありえないんですけど。













< 35/ 241 >