ケータイ小説 野いちご

1ヵ月で彼氏作ります。

ありえねー発言
全ての始まり




「キャー!!ゆ・う・き様ぁぁぁ~~~~!!!!!!!!!」




テレビの前で叫ぶバカ女、あたし北宮葉月(きたみやはづき)。



超人気俳優、大熊結城君の大大大大ファンでございます。




「葉月うっさい。」



と、そこで姉である静奈(しずな)の冷た~い視線があたしに向けられる。




「す、すみません…。」



逆らえないあたしはただ謝ることしかできなかった。



姉はそんなあたしを横目で見ながらタバコを取り出した。



姉は23歳OL。


あたしは17歳だからすっごい年が離れてる。











< 1/ 241 >