ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿9/すれちがいの愛情

うそつき少女

あたしには嫌いなものがいくつかある。

まずキュウリ。

あの青っぽい臭いと水っぽい食感がダメ。

サンドイッチに入っていたのを知らずに食べようものなら、その日は1日ブルーだ。

だからサンドイッチを食べる時には必ずめくってから食べる。

もうひとつ嫌いなものはオバケ。

現実主義の人間はオバケなんていない、オバケより人間の方が怖いなんて言うけれど、理屈こねたって怖いもんは怖い。

だからあたしはホラー映画は絶対に観ないし、お化け屋敷にも行かない。

心霊特番のCM観るのが嫌で、夏場はTVを観ないようにしている。

でもキュウリよりもオバケよりも、もっと嫌いなものがある。

それは弱い者イジメだ。

その場に遭遇したのは、暑さまだ厳しい9月のはじめ。

そこを通りかかったのは偶然だった。

「おい聞いてんのか!」

怒鳴り声のした方を向くと、路地裏に4人の男の子がいた。

ランドセルと背丈を見る限り3年生ぐらいか。


< 1/ 66 >