ケータイ小説 野いちご

約束〜不確かな未来〜

冷たい予感



私は、複雑な三角関係にもがいていた。



出口がみつからないまま

いつも不安と孤独に怯えていた。



彼、勇樹は一度は離婚した妻と

またよりを戻していた。



一年間それを知らずにいた私は


職場でのストレスも重なり

精神を病んでしまっていた。



それでも勇樹を愛し、離れたくなかった私は


自ら火の中に飛び込むように

苦しい三角関係に足を踏み入れ

にっちもさっちも行かない状態だった。





勇樹と元妻との間には、子供はいない。


しかし元妻は母一人子一人で

その母親はアルコール依存症だった。



アルコールを飲んでは暴力に耐え兼ね


助けを求め、勇樹のアパートに転がり込んでくる。



元妻を見放すことができない勇樹は


元妻がいる時は、私との連絡を絶ち、存在を隠し続けた。

< 15/ 71 >