ケータイ小説 野いちご

優しい悪魔−マキコと和夫−

第三章 叔母の葬式
2,お葬式


翌朝マキコは、和夫の家に電話した。

和夫を起こすと、無理やりタクシーに押し込む。

マキコも乗って、和夫の家“三屋内家”へ向かった。


それは、叔母の葬式が終わる頃に起きた。

いとこの守が、突然、和夫に向かって叫んだのだ。



< 48/ 78 >