ケータイ小説 野いちご

夜の世界

あとがき

始めまして。


初めての小説で読みづらかったり、スムーズに話が進まなかったり、、、


本当にこんな私が書いたそんな話を読んでいただきとてもありがたく思います。


このお話に書いたことが全てではありません。


そういう仕事の方全てを否定するものでもありません。


みんながみんなそうとも限らないかもしれません。

< 94/ 99 >