ケータイ小説 野いちご

アライブ

〆秘密の建物



『ハァ…ハァ…見つけた…』


修二は息を切らしながら、離れた先にはある草木に隠れた銀色の箱型の建物を目にした。


『あれが武器庫か…もしくは食料庫か?』


亮は銀色の箱型の建物を指差した。


『明らかにこの島には似使わない建物だ…誰かが最近作った建物だろうから、武器庫か食料庫だろう』


修二は銀色の箱型の建物に確信を持った。


『よし、行こう…』


修二は銀色の箱型の建物に向かって歩みを進めた。


『待て、修二!!嫌な予感がする…』


葉山亮は修二を呼び止めた。


『嫌な予感?』


修二は葉山亮の言葉に反応して足を止めた。




< 90/ 470 >