ケータイ小説 野いちご

ナツ色の恋~最強男が愛した伝説の女~

No,3 Battle prince and princess




「……で!?」


半分ヤケクソになりながら、詰め寄ると、あいつはまた可笑しそうに笑う。




「そんな興奮しなくても(笑)」



いや、(笑)じゃねーよ!



「ね、Angel?」


「…は?あたし天使じゃないんだけど。」


いきなりどうした、こいつ。

ついに頭でもいかれた?



「何言ってんの?いまや、伝説にもなってる人が」


「あい…むら?」



さっきまでと違う雰囲気に、急に怖くなった。




この人も…?


この人もあたしを冷たい目で見るの……?




「沙南ちゃん」



あたしの過去を知ると、

みんな冷たい目をする。


そりゃぁ、こんなに人間て冷たい目ができるんだってほど。




だけど、逃げてちゃいられないの。


逃げたって、いつか向き合わなければいけなくなるんだから。



意を決して、愛村に聞いてみた。


「………知ってるの…?」


< 62/ 328 >