ケータイ小説 野いちご

ナツ色の恋~最強男が愛した伝説の女~

No,5 I'll be your Friend
boy friend






あの後、あたしの足は自然と愛村のいる病院のほうへ向かっていた。





電話を切ってしまったことを謝りたいのもあるけれど、



もっと単純な理由。






ただ、愛村の声が聞きたい。







サァァと風が吹く春。


修学旅行まであと少し…。







「……お母さん…」



風を感じると、

決まって母のコトを思い出す。






< 175/ 328 >