ケータイ小説 野いちご

ナツ色の恋~最強男が愛した伝説の女~

No,5 I'll be your Friend







「………う……」



長い、長い悪夢から目が覚めると知らない場所にいた。




ど、どこ?




「…目ぇ……覚めたか?」



突然聞こえてきた声に身構える。



「………ツバサ……」


よく見ると少し大人っぽくなっていた。




「…あ?俺を知ってんの?」

「……っ」



昔とは違う、口調で。でも同じ声で。



変わったツバサと目を合わせるのは、久しぶりだった。




「…ここ、俺の部屋。…ってかあんた………」



ドキッ



< 162/ 328 >