ケータイ小説 野いちご

クリ-ミ-ココア

クリ-ミ-ココア
揺れる女

1時間目の途中で教室に入った私は、教壇に立っているセリと目が合った。



今の時間はどうやら文化祭について話し合ってるらしい。



「青田が遅刻なんて珍しいな。」



セリの横で椅子に座っている担任に促され席に付く。



自分の席についた私は前を見た瞬間………………固まって


大声を出した。




「セリーーーー!!」



クラスの皆が叫んだ私に注目する。



「なに?比奈ちゃん」



ニッコリ笑うセリ。


その顔は確信犯的な笑みだ。


私がなんで驚いて叫んだかわかっている様子。



そしてその反応を楽しむセリの右手にはヒラヒラさせている写真。




「そ、そ、それ…それ…」



忘れてた!!!



写真の存在を!!!




「どんな衣装か参考に見せなきゃでしょ?」



楽しむセリの言葉に、私は返す言葉がなく力尽きて椅子に座った。

< 169/ 383 >