ケータイ小説 野いちご

クリ-ミ-ココア

クリ-ミ-ココア
接近する私達

今日は午後からセリと会って文化祭の打ち合わせ。



その前にイズミ君が働くアイス屋さんに立ち寄った。


「あれ?」


「やほー!ちゃんと真面目に働いてる〜?」



土曜日って事もあって前、来た時より行列が沢山出来ていた。



やっと順番が来た後、セリが目の前のイズミ君に手を振る。



私と目が会った瞬間、優しく微笑むイズミ君に恥ずかしくなって俯いちゃった。


「今日は何にするの?」



イズミ君の言葉にセリが



「新作の奴!」


「はいはい。今日は写メやめてくれよな?比奈は?」

私は目の前に並べられてあるアイスの1つを見つめたまま小さく答えた。



「…クリーミーココア」


「了解!トッピング付きね?」



慣れた手つきで作っていくイズミ君を私はずっと眺める。



会計が終わった後、イズミ君は私に


「明日ね比奈」



そう言われて頷く事しか出来なかった。

< 141/ 383 >